ふたば内科眼科糖尿病クリニック

予約はお電話で受付しております
044-888-0077

ふたば内科眼科糖尿病クリニック

アクセス 電話アイコン電話する

一般眼科

General ophthalmology

一般眼科

白内障

白内障とは、目の中でカメラのレンズの役割をする水晶体が白く濁ってくる病気です。

原因

一番多いのは加齢に伴うものですが、その他にも先天性、外傷性、アトピー性、糖尿病、薬剤性などがあります。

症状

視力が下がる、視界がかすんで見える、光をまぶしく感じるなどがあります。

治療

初期の白内障で日常生活に支障がない場合には進行を遅らせるために点眼治療を行います。進行した白内障は外科的手術が必要となります。
*手術が必要な場合は、提携する医療機関へご紹介させていただきます。

緑内障

日本人の失明原因

緑内障とは視神経に障害を起こし、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。日本人における失明原因の第一位を占めており、40歳以上の20人に1人が緑内障と推定されています。

原因
緑内障の原因

何らかの原因で隅角(目の中の房水の流れ道)に抵抗を生じ、眼圧が上昇することにより、視神経が圧迫され障害を起こします。緑内障の中で日本人に多い正常眼圧緑内障は、視神経が構造的に弱く、眼圧が高くないにも関わらず視神経障害がおこります。
その他、開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障、続発緑内障などがあります。

検査

視力検査、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、光干渉断層計による視神経の解析、定期的な視野検査を行い、進行具合を確認します。
*視野検査は予約制です。

治療

緑内障の治療の基本は眼圧を下げることです。眼圧を下げることで、病気の進行を遅らせる効果があります。眼圧を下げるには点眼治療が基本となります。ほとんどの場合は点眼治療だけで眼圧をコントロールすることが出来ますが、点眼治療でも効果が少ない場合は、レーザー治療や手術を要することがあります。
*レーザー治療、手術療法が必要となった場合は提携する医療機関へご紹介させていただきます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病3大合併症の一つです。糖尿病予備軍も含めると2000万人といわれる糖尿病の多さもあり、成人での失明の大きな原因疾患となっています。進行するまで自覚症状に乏しく、かなり進行した状態で発見されることもあります。

原因

糖尿病による高血糖が続くと、毛細血管がつまり、網膜に出血やむくみを起こします。

症状

初期では自覚症状がありませんが、進行してくると硝子体出血や黄斑部の浮腫がおこり、視力低下やものが歪んで見えるようになってきます。

糖尿病網膜症
治療
糖尿病網膜症

*レーザー治療(網膜光凝固)、抗VEGF治療(硝子体注射)、手術療法が必要になる場合は提携医療機関にご紹介させていただきます。
*糖尿病網膜症は、内科の血糖管理と連携をとって治療にあたることが大切です。

*当院では、糖尿病内科が併設されており、同日に内科と眼科を受診することも可能ですので、ご相談ください。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは、網膜の中心部である黄斑部が、加齢とともに異常な変化をきたす病気です。50歳以上の約1.2%にみられ、高齢になるほど増える傾向にあります。日本では男性のほうが多く、喫煙者に多いと報告されています。

加齢黄斑変性症の症状
症状

視力低下、中心暗点(真ん中の見たいところが見えない)、変視症(ゆがんで見える)などがあります。

原因

滲出型と萎縮型の2種類のタイプがあります。滲出型黄斑変性症では、網膜の外側にある脈絡膜から異常な血管(新生血管)が生えてくることにより、黄斑部に出血やむくみを起こすものです。

加齢黄斑変性症
治療

滲出型では、抗VEGF薬という薬を目に注射することで、新生血管の成長を抑え、黄斑部の出血やむくみを減らす抗VEGF薬治療が一般的です。その他にも光線力学療法(PDT)、レーザー光凝固、硝子体手術などがあります。萎縮型は残念ながら今のところ有効な治療法がありません。

その他の網膜疾患

網膜静脈閉塞症、中心性漿液性網脈絡膜症、網膜剥離、黄斑前膜など
*レーザー治療、硝子体注射、手術加療が必要な場合は提携医療機関にご紹介させていただきます。

その他の目の病気

結膜炎

主な症状は充血と眼脂(目やに)です。原因としては細菌性、ウイルス性、アレルギー性などがあり、原因によって治療法が異なります。

特にウイルス性の中でアデノウイルスによる流行性角結膜炎(はやりめ)は感染力が非常に強く、治癒までに2~3週間かかります。当院では、アデノウイルス抗原の検査を行っております。

ドライアイ

ドライアイは涙の量が不足したり、涙の質が低下し蒸発しやすくなるなどが原因で、目の表面が乾燥し傷が生じる病気です。異物感や痛み、充血、かすみ、疲れなど様々な症状が出ます。加齢、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用などにより、ドライアイは増加傾向にあります。適切な点眼治療により、多くの場合は症状が改善されます。症状が強い場合には、涙点(涙の出口)に栓をする治療を行うこともあります。

眼精疲労

眼精疲労とは、目を使う作業を続けることにより、目の痛み、かすみ、疲れなどの目の症状や、頭痛、肩こりなどの症状を伴うこともあります。原因は、眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていない場合や、老眼など屈折や調節に関するものの他、ドライアイ、斜視、パソコン作業によるものなど多岐にわたります。治療は、それぞれの原因にあった治療を行います。

麦粒腫・霰粒腫(ものもらい)

まぶたの分泌腺に炎症を起こし、腫れやしこりを生じ、痛みを伴います。治療は抗菌薬や消炎剤の点眼や内服が主になります。それらの治療で改善しない場合や大きいものは切開手術をすることがあります。
*手術が必要な場合には提携医療機関にご紹介させていただきます。

眼鏡・コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズを正しく快適に使用するためには、必ず眼科医の検査や処方を受ける必要があります。目にとっては異物ですから、適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと眼障害を起こすことがあります。自分では調子がよいと思っていても、必ず定期検査を受けましょう。

*当院では、眼鏡、初めてのコンタクトレンズの処方は完全予約制となっております。初めてコンタクトレンズを装用される方は、装用練習がありますので、1~1時間半かかる場合があります。
*コンタクトレンズは目につける高度管理医療機器です。安全に使用するために、眼科医の診療を受け、慎重なレンズの選択と管理が必要です。従ってその責任上、当院で取り扱いのあるコンタクトレンズのみの処方となります。

pagetop